株式会社エルフ

工法紹介

エルマッドⅡ工法

エルマッドⅡ工法
流動化処理を用いた基礎工法
(特許番号 第2783525号)

工法の概要

 エルマッドⅡ工法は建設発生土に泥水(または水)とセメント等の固化材を加えて、混合してできる安定処理土を用い建築基礎、構造物の裏込め、狭い空間の埋め戻し及び充填等に締め固めを必要とせず、固化材の添加量などを調節することにより打設養生後の強度を任意で設定できる工法です。

特長

  1. 残土処分費、埋め戻し土購入費の削減ができる
  2. 硬化前は流動性を持つので、狭い空間にも容易に充填できる
  3. 配合を調節することにより必要とする強度が得られる
  4. 在来工法に比べ工期の短縮が図れる

適応範囲

適応地盤 ・砂質土、粘性土およびローム(腐植土は対象外とする)
・地下水位が高く崩壊の可能性のある砂質地盤
適応構造物 建築物および工作物の基礎地盤及び山留や通路などの仮設工事
改良最大面積 特になし
改良最大体積 特になし
改良最大深度 5.0m~8.0m程度(地山の状態による)

作業工程

⇒室内配合試験手順へ
 ※全工法に共通の試験です。品質管理強度を満たす適切な配合量を決定する目的で実施します。

⇒作業工程へ

■工事経歴

このページのトップへ