株式会社エルフ

設計・施工事例

【地盤改良事例】傾斜地盤に建つRC7階の病院新築

エルマッドⅡ工法(変更後)

▲エルマッドⅡ工法(変更後)

<<< 設計VE >>>

場所打杭を地盤改良に変更することで、傾斜している支持層を目視確認し、岩着を各基礎について確実に施工できる。
超短杭を避け同じ地耐力(40t/m2)ですべての基礎を設計、異種基礎の設計上の煩わしさが無い。


<<< 施工メリット >>>

■杭基礎にくらべフーチンを薄くでき、杭頭曲げ応力がないので、地中梁も小さくでき、躯体工事が簡略化できる。
■杭の場合各基礎により杭長が異なるが、地盤改良の場合対応が容易で、施工スピードが速い。
省資源化、作業の簡素化、工期の短縮、コスト削減を実現
 
このページのトップへ